アトピーの治療にも期待

アトピーの治療にも期待

亜鉛療法は近年アトピー性皮膚炎の治療としても期待されています。実際に取り入れる病院はまだ少なめで、臨床試験の数も少ないものの実際に効果が現れる例も見られています。

 

1・亜鉛療法は安全な治療
アトピー性皮膚炎といえばステロイド軟こうなどの治療が主流となっています。皮膚の炎症を抑える働きは高く治る人もいる一方で、薬の副作用に悩まされる方もいるのが事実です。外用薬だけでは根本的な治療とはならず、亜鉛療法は安全な治療法として期待されてきています。1日に500mg以上などかなりの投与でも安全性が高いと考えられています。

 

2・腸から吸収しにくい人もいる
十分な亜鉛の摂取ができているにも関わらず、腸の粘膜が弱いため亜鉛不足になっている人がいます。このような人の場合亜鉛療法にてアトピー性皮膚炎の効果が出ると考えられます。通常の量よりも多く亜鉛を摂取することで吸収率をアップさせるのです。

 

3・亜鉛は昔から使われてきた
亜鉛は古くから利用されてきた実績を持ちます。軟膏に亜鉛が含まれているケースなども見られており、日本人は知らず知らずのうちに皮膚炎の治療として亜鉛を用いてきました。

 

4・アトピーの治療は専門家の元で
アトピー性皮膚炎の治療として亜鉛を利用するなら血液中の量もチェックした上で行うようにしましょう。